2015年05月27日

第12回 犬糞看板報告 2015年5月27日提出

行政作成の犬糞看板は2種類に分類される。
既製品テンプレートを利用した作品と、特注で発注した作品の2種類に。

既製品犬糞看板の楽しみ方は"犬糞ポーカー"である。
既出ではあるが代表例をあげよう。

採取地 新潟県新発田市

IMG_3289.jpg


採取地 福岡県八女市

IMG_2839.jpg


ワンペア、ツーペアまではなんとか揃うが、スリーカードがなかなか完成しない。
完成した所で対戦相手がいないので、だれからも評価されない事は承知している。


後者の「特注発注看板」は発注ロットの違いにより、デザインがマイナーチェンジしてゆく様が興味深い。
一例をあげよう。

採取地 新潟県新潟市

IMG_1551.jpg


新潟市で最もポピュラーな看板が、現在はこの様に変わりつつある。


採取地 新潟県新潟市

IMG_4229.jpg


最近のトレンドである"尿の処理"が付け加えられている事に気づいただろうか?

行政看板も日々変貌している、今回は行政作成の看板を研究した結果を報告しよう。


採取地 福岡市

IMG_3125.JPG


鑑賞のポイントは糞をしている犬の後ろ姿を描いた事である。
過去の行政作品やインディーズ作品を含めても、犬糞スタイルの構図は横から描くのが常識であり、後ろからの発想はつゆも無かった。

また、この看板は青バージョンと赤バージョンが存在し、青に登場するじいさんは良いじいさん、赤はダメじいさんという素晴らしい構成になっている。

興味を持った方はぜひとも福岡市で確認して頂きたい。


採取地 福岡市

IMG_3127.JPG


オーソドックスな文字だけ看板である。
付近には犬糞も見受けられず看板の効果があることが確認出来た。
ひとこと「落書き禁止」の記載があればもっと美しかったであろう。


採取地 福岡市

IMG_3163.JPG


こちらは福岡市内各所で見られる旧バージョンの看板である。
この看板の鑑賞のポイントは、スキャンされた海賊版が存在することである。


採取地 福岡市

IMG_3170.JPG


犬がスコップとうんこ袋を片手で持つという荒技の構図が実に良い。
ちなみに公園隣のマンションはペット飼育可の物件だった事を付け加えておく。


採取地 東京都荒川区

IMG_3320.JPG


古い看板だが、すでに尿問題に触れている事が興味深い。
さすが首都東京、洗練されている。


採取地 東京都文京区

IMG_3335.JPG


「犬の散歩にはシャベル、、ビニール等をお持ちまして」と表記されているが、紙はどう使えば良いのだろう?
さすが文京区、荒川区では考えられない上品なルールである。
余談だが、添えられたイラストがかわいい犬糞看板だ。


採取地 東京都台東区

IMG_3336.JPG


有無を言わせない迫力の鉄板ペンキ文字看板。
頑固ジジイの風格が漂う看板である。
東京都飼い犬取締条例第3条について検索した結果、ドンピシャ正解の結果が出なかった事が残念でならない。


採取地 沖縄県沖縄市

IMG_3782.JPG


市の職員が手作りしたのだろうか?行政インディーズ作品である。
色々とツッコミ所が満載だが、靴底の減り方からも証明される足モデルのO脚さが半端ないを鑑賞のポイントとさせて頂く。
左足虫刺され跡と傷については見て見ぬ振りをして頂けないだろうか?

沖縄の犬糞看板は英語の記載がある場合が多い。
日本の7割以上の米軍基地を抱える沖縄の負担はこんな所にも表れている。


〜まとめ〜

もちろん最高の作品はブチ切れ手書きインディーズ作品である。
しかしながら今回初登場した行政インディーズの様に新ジャンルの登場が確認された事を喜ぼうではないか。

最後にひとこと良いだろうか?

これらの犬糞看板は、すべて私自身が各所を訪れ撮影した物だ。
福岡では博多からマリノアシティ、沖縄は那覇からうるま市の間を自転車で駆け廻り集めた素材である。

少しでも犬糞看板に興味を持った方は、SNS等でリツィートやシェアして頂けると本当に嬉しい。

以上、第12回 犬糞看板報告 2015年5月27日提出でした。

























posted by 長谷川裕二 at 15:55| Comment(0) | 犬糞看板